ニュース一覧

難聴と認知症の関係を知ろう!

難聴と認知症の関係性とは?

小川 郁先生と繁田 雅弘先生の談話より引用

難聴は認知機能低下を引き起こす危険因子のひとつです。

現在、難聴と認知症の関係について、さまざまな研究が進められています。2015年に厚生労働省が公表した「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」において、難聴は認知症の危険因子のひとつとして挙げられています。
また、イギリスの医学雑誌ランセットによる国際委員会が2017年に国際アルツハイマー病協会会議(AAIC)で行った発表では、認知機能低下の危険因子のうち予防可能な危険因子は9つあり、その筆頭に難聴が挙げられました。

 

このように、難聴と認知症の関係は、徐々に明らかになってきています。そして、難聴への対策をはやめに行うことで、認知機能の低下を少しでも遅らせることができるのではないか、という視点で社会的な注目が集まっています。しかしながら、難聴と認知症を、単純にイコールで結び付けることは出来ません。(談:小川 郁先生)

難聴がもたらす社会的な孤立により認知機能低下のリスクが上がります。

認知症にはいくつかの種類があり、それぞれ原因が異なります。たとえば、認知症の中でもっとも多くの割合を占める「アルツハイマー型認知症」は、脳の中にアミロイドβというタンパク質が蓄積することで起こります。このアミロイドβの蓄積に難聴が関係しているかというと、そうとは考えられません。つまり「難聴は、認知症の原因となる事象に直接かかわりがある」とは考えにくいのです。それよりも、「難聴は、認知症の診断にかかわりを持つ」と考える方が自然です。いくつかの研究では、高齢者の社会的な孤立(狭い範囲での社会関係、ひとり暮らし、他者との活動への不参加など)が認知症のリスク増加や認知機能の低下に関係するといわれています。たとえば、難聴の方が、消極的になるとします。すると、難聴の方は徐々に社会的な孤立状態となり、その結果、認知症のリスクが上がるということが考えられます。(談:繁田 雅弘先生)

認知機能低下は予防できるかも??
予防可能な因子の割合は?

認知機能低下の危険因子のうち予防可能な因子は35%を占めており、その中では難聴が最も大きな割合を占めています。

 

早期に聞こえを改善する事の重要性

聴覚刺激が減少すると
認知機能に影響を及ぼす可能性があります

加齢性の難聴に対して、なるべく早期に介入して聴覚刺激を増やすことで、言語機能あるいは言語による情動といった*を活性化できる可能性があると考えています。逆にいえば、聴覚刺激が減ることで、脳内になにかしら変化が起ることが考えられます。実際、加齢性難聴の方には、脳の萎縮がみられることがあります。(談:小川 郁先生)

筋肉は使わないと衰える事と同じように、聴覚の神経細胞も刺激が少ない状態が続けば衰えると考えれば、納得ができますね。(談:繁田 雅弘先生)

*高次脳機能とは、言語、記憶、思考、空間認知、情動などの脳が持っている知的認知機能。聴覚も高次脳機能に関わるといわれている

これまでのお話から、難聴と認知症の関わりには、大きく2つの視点があるとわかりました。

  • 難聴が社会的な孤立につながり、認知症のリスクを増加させる可能性がある。
  • 難聴で聴覚刺激が減少することによって、脳内で何らかの変化が起こり認知機能に影響を及ぼす可能性がある。

補聴器の適切な活用と販売店の選び方

補聴器の適切な活用には一定期間のトレーニングが必要です。

認知機能低下の危険因子のひとつである難聴に関して、従来から行われている介入方法としては、補聴器の適切な活用があります。補聴器は眼鏡と違い、つけるだけでなく音を聞き取るトレーニングが必要です。
一般的には、補聴器をつけ始めてから少なくとも3か月~半年ほどは、定期的に補聴器の音量などを調節しながら、徐々に音を聞き取るトレーニングを続けます。補聴器をつけたばかりの頃は、雑音を含めて周囲の音が大きく聞こえますが、トレーニングを積むことで、徐々にその中から必要な音や言葉を聞き取れるようになります。(談:小川 郁先生)

 

補聴器を適切に使用できるようになるためには、一定期間のトレーニングが必要なんですね。
(談:繁田 雅弘先生)

補聴器を購入するは、正しい理解と継続的なケアが必要です。

補聴器の使用にあたっては、一定期間のトレーニングが必要であることを知らないために、耳に馴染まないと感じ、補聴器を有効活用できないという声をよく聞きます。なぜこのような状況が生まれるのでしょう。(談:繁田 雅弘先生)

問題は、補聴器を販売する際に、正しい情報提供が行われていないことにあると考えます。なた、適切な補聴器の使い方の指導と定期的な聴力の経過観察といった継続的なケアが行われないことも珍しくありません。(談:小川 郁先生)

それは問題ですね。どのようなところで補聴器を購入したらよいのでしょう。(談:繁田 雅弘先生)

きちんとトレーニングを行う販売店(*認定補聴器技能者が在籍する専門店)で正しい情報提供と継続的なケアを受けて購入すべきです。2018年より*補聴器相談医が補聴器の診療情報提供書を作成し、それに基づき販売店で補聴器を調整する流れを確立しました。さらに、医療費控除が受けられるシステムも構築しました。補聴器相談医の名簿は、日本耳鼻咽喉科学会のホームページに掲載されています。(談:小川 郁先生)

*認定補聴器技能者とは、補聴器の販売・調整に関して、基準以上の知識や技能を持つ公益財団法人テクノエイド協会に認定された資格者。

2020年12月01日

"マスク会話"聞こえにくさ実証!

コロナ禍でマスク着用が習慣化し会話トラブルが増加

スーパーなので買い物をするとき、店員さんの会話が聞き取りにくくありませんか?新型コロナウイルス感染防止のためにマスク着用・飛沫防止のビニールシートやアクリルボードなどを付けたレジも増え、さらに会話が聞き取りにくい状況になつております。

マスク会話の聞こえにくさは、高音域の消失が原因

GNヒヤリングジャパン社の調べで、マスクなしとマスク着用の場合とマスク+ビニールシート越し場合という2パターンで音声情報どのように変化するか検証しました。「マスクなし」と比べた「マスク着用」では高音域の音声成分が少なくなっていました。「マスク+ビニールシート」では、さらにその傾向が高まっていました。聞こえにくさの原因は、高音域の音声成分の消失が原因とわかりました。(マイクロフォンミキサーにて調べ)

マスク会話トラブル対策としての補聴器の有用性

マスク着用の習慣化により、難聴者は少なからず影響がでており不自由な状況が推測されます。補聴器を装着した場合は、高音域の音声成分が補完されることが示され、マスク会話によるトラブル対策の一つとして補聴器を調整することにより改善の可能性あることがわかりました。

(フィッテング誌Vol.33 No,4引用)

ご不自由を感じている方は、補聴器専門店へご相談ください。

2020年10月25日

リオネット補聴器からワイヤレス充電システム誕生

"世界初"電池交換不要のスマートチャージ、ワイヤレス充電システム誕生。今お使いのリオネット補聴器がHX-T1充電器を購入するだけで充電式補聴器に!

リオネット補聴器充電器

安心・安全・環境にやさしいワイヤレス充電システム

  • ワイヤレス充電システムだから、汚れなどによる充電時の接触不良の心配がありません。
  • 空気電池だと電池寿命が短くなりがちな冬場でも安定した電池寿命がえられます。
  • 約800回繰り返し充電可能な環境にやさしい電池です。
  • 充電器はリオネット独自の「おまかせ回路」に対応。充電池をどちらの向きにいれても充電できます。

今までの補聴器も充電式補聴器としてお使いいただけます。

空気電池(PR48)を使用する以下のリオネット補聴器に対応しています。(2020年1月現在)

リオネットシリーズ HB-A6AA, HB-A6AB ,HB-A6AC
HB-W1AA, HB-W1AB, HB-W1AC
リオネットマジェスシリーズ HB-W1M, HB-W1TA, HB-W1RA
HB-A1CS, HB-A1TA, HB-A1RA
リオネットプレシアⅡシリーズ HB-W1CS, HB-W1YS, HB-A1CS
HB-G9YS
リオネットクラッセ HB-W1CL, HB-G9CL
その他の補聴器 HB-D8C, HB-D8L, HB-G9H

充電器の出し入れで補聴器の電源が自動でON/OFF

 

希望小売価格

受電器 HX-T1 \44,000(税込) 保証期間 1年

充電池 HX-R1 \11,000(税込) 保証期間 90日

仕様

充電時間 4時間(5°C~28°C)
6.5時間以内(28°C~35°C)
※充電時間は電池の残量によって異なります。
充電回数 約800回 ※補聴器の設定や使用状況によって異なります。
充電池の種類 リチウムイオン二次電池
充電池の出力電圧 1.25V(補聴器用)
充電池の寸法 直径 約7.9mm/高さ 約5.4mm
充電器の寸法 約63mm×154mm×33mm
ACアダプター 入力:AC100V~240V 50Hz/60Hz
出力:DC5.3V 1.5A

詳しくは、当店でご相談下さい。

2020年02月19日

補聴器購入者が医療費控除を受けるために

平成30年度から、「補聴器適応に関する診療情報提供書(2018)」の活用により、医療費控除を受けられることが、厚生労働省、財務省によって承認されました。その手順は、以下の通りです。

難聴患者は、まず補聴器相談医を受診し、必要な問診・検査を受けます。
補聴器相談医に「補聴器適応に関する診療情報提供書(2018)」に必要な事項を記入してもらう。
補聴器販売店に行き、「補聴器適応に関する診療情報提供書(2018)」を提出し、試用後、補聴器を購入します。
4 「補聴器適応に関する診療情報提供書(2018)」の写しと購入代金の「領収書」を受け取り、当該年度の確定申告における医療費控除対象として申請し、それを保存します。(税務署から求めがあった場合、それを提出します。)

※「補聴器適応に関する診療情報提供書(2018)」の5.項 [特記事項]の・補聴器を必要とする主な場面(医師等の診療や治療を受けるために直接必要)にチェックが必要です。

2019年08月20日

認定補聴器専門店とは

「認定補聴器専門店」とは、「認定補聴器技能者」が在籍し、補聴器の調整・選定に必要な種々の測定機器や設備について公益財団法人テクノエイド協会の認定審査基準をクリアしたお店だけに与えられる資格です。5年ごとに認定時と同様の厳正な更新審査を受けることが義務付けられています。

認定補聴器専門店についての詳細はこちらからご覧ください。

2019年07月06日